おすすめリンク

個人でもできる!ネット風評被害対策

SNSが普及している現代は簡単に個人を攻撃することができます。そんな時にできる風評被害対策を解説!

MEO対策でお悩みなら

MEO対策で集客力が断然違う!もっと早くにやればよかった!と言う声などをまとめて紹介。

商品名と楽天SEO対策

楽天SEO対策を考える上で、出品する商品の名前も重要です。SEO対策になる名前の考え方とは?

風評被害は法人だけではない

自分に悪意のある書き込みや、事実とは異なる個人情報がネットで流されているのを発見したら、どのような対策を講じればよいのでしょうか。 まずは早急に内容を確認、保存することが肝要なようです。 その後の風評被害の拡大を防ぎ、的確に対処する方法をご紹介します。

自分で出来ること

炎上や、風評被害という言葉を、よく耳にすることと思います。
これらは、ネットによって個人の書き込みが一瞬の内に拡散出来ることで、成長してしまった現象でしょう。

二つの言葉はイコールではありませんが、似ている面もあります。
まず、炎上ですが、ネット上での記事に多くの書き込み反響が上がり、その反響の展開が収拾つかなくなってしまった状態です。
記事を書いた本人はもちろん、書き込みをした人々の間でも、話がまとまらなくなってしまいます。

風評被害とは、不確実な情報や噂の記事や書き込みが原因で、本来は身に覚えのない被害を受けることです。
不確実な情報や噂も、炎上と同様に収拾がつかず、さらに独り歩きを始めてしまいます。

ネット上に発信された内容は、後で完全に消し去ることが非常に難しくなります。
その為、炎上したり風評被害を受けたりした場合、重大な被害となってしまうことも、少なくありません。
対象が個人の場合であれば、その人の人生にも、大きな痛手となります。
就職が出来ない、部屋を借りることが出来ない、いじめに遭う、等々。

ネット上での内容削除や、いざ裁判ともなればどうしても専門家に依頼する必要がありますが、その前に、個人で出来うる対策はあるのでしょうか。
専門家に相談するにしても、どこに相談すればいいのか、裁判に何が必要かなど、調べました。

これからますますインターネットは発達して、個人情報の管理が危ぶまれたり、風評被害に巻き込まれたりという可能性も高くなっていくと思われます。
完全に免れないとしても、心の準備の一つとして、ご一読いただけましたら幸いです。


それでもダメなら

不確実な自分の個人情報がネット上で書き込まれているのを発見、削除依頼を提出しましたが、その後なかなか進展しません。 そのような場合は専門家である、弁護士や警察に相談してみるのも一手でしょう。 自分でも出来ることの事例も挙げながら、選択肢を示しています。

ネットとの風評被害対策

番外編として、個人でなく法人が風評被害に遭ったらどのようになるのかに、ふれてみます。 営業活動、金銭にダイレクトに響く面も大きいようです。 ネットとの風評被害対策をまとめ、さらに気を付けたい点もご紹介しました。 事前の心構えも含め、対策として自分でも出来ることは多いという印象です。

△ ページTOPへ