風評被害は法人だけではない

誹謗中傷を見つけたら

通常SNSや掲示板、ブログなどを楽しまれている方は多いかと思います。
楽しまれている大勢の中に、残念ながら一部、良からぬことを考えている人も交じっているものです。

自分を名指しして、根も葉もないような噂や、間違った情報を発信してしまいます。
それを読んだ、特に自分を良く知らない人からすると、噂や間違った情報を信じてしまうかもしれません。
その内容は、時に日常生活のことから、時に犯罪歴など重大な個人情報に及んでしまう可能性もあります。
犯罪歴は、その後の自分の就職などに、大きく影響するかもしれません。
結果として風評被害になりかねません。

ではこのような誹謗中傷の記事を見つけたら、どのように行動すればいいのでしょうか。

削除依頼をする

自分への誹謗中傷の書き込みを見つけたら、まずは早めに行動することです。
時間が経つほど、広く拡散されるかもしれません。
また、掲示板などの利用規約によっては、数か月で利用を区切って、区切る前の内容は処分する場合があります。
その場合掲示板からは削除されますが、ネット上ではなかなか完全に削除されるのは難しく、かえって消したい内容が、消しにくい場所に紛れてしまったりもします。

そして内容をよく確認し、保存します。
掲示板のままだと、期間で削除されてしまったりの恐れもあるので、プリントアウトしておくとよいでしょう。
携帯の場合は、内容表示画面をデジカメで撮っておいてもいいでしょう。

その上で、掲示板の管理者やサイトの問い合わせ先などに、削除依頼をします。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ