それでもダメなら

相手は罪に問えるのか

前章の続きです。
自分の誹謗中傷記事を発見したら、掲示板管理者やサイトの問い合わせ先などに、削除依頼をします。
依頼内容としては、メール本文に、どの部分を削除したいのか、削除を希望する理由は何か、などを明記するといいでしょう。
自分もスレッドに感情的な書き込みの応酬をしたのでは、解決にならないばかりか、こじらせてしまう可能性もあります。

それで削除が進まなければ、今度はプロバイダ宛てに削除依頼をします。
それでもダメなら、弁護士に相談するのもありでしょう。

さて自分は誹謗中傷された訳ですから、感情的には相手に罪を問いたいところと思われます。
ではこのような行為は、罪となるのでしょうか。
ネット関連の法律は、まだ発展途中の部分が大きい印象です。
現在有力なのは、名誉棄損罪のようです。

巻き込まれない

削除依頼がなかなか進展しない場合、弁護士に相談したり、そうした対策サービスを行っている企業を利用する方法もあります。
また、警察に相談したり、法務局や地方法務局に足を運ぶという手段もあります。

そこまで行動する以前では、毅然とした態度で相手の意見に対峙するのも一手かもしれません。
ただやはり、専門知識の無い人間が深追いするのも危険な面があるので、相手とは適度な距離を常に保ちながら、巻き込まれないように接するのがよいでしょう。

風評被害の原因を作ろうとする人間は、特定の相手を困らせようという目的ばかりではないかもしれません。
社会や思想への反抗心から、不特定多数に影響を及ぼそうとする人間かも知れないからです。
そうなると、どう巻き込まれるかの予想もつきにくくなります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ